おもしろいもの、やくにたつもの を かきこむのだ!

Unityでコールバックを使わずに他のオブジェクトの処理の完了を受け取る

UnityでAというオブジェクトが、別のBというオブジェクトのアニメーションや処理が終わったことを知りたい場合は、 C#のDelegateを使う AとBが相互に参照しあうようにして、BがAに完了を伝える という手段が挙げられる。 コールバックという方法ですね(たし…

UnityのInstantiate関数の速度を検証する

Instantiate関数でGameObjectを生成する際に、Prefabを元に生成するより、事前にSceneに配置したGameObjectを元に生成したした方が動作が早いという話を度々聞くので、本当に早いのか検証してみた。 結論から書くと Scene内に配置したGameObjectをInstantiat…

Unityでスクリプトを使ってアニメーションを作る

Unityでアニメーションを作る場合、 Unityのタイムラインアニメーションエディターで作る スクリプトでアニメーションを作る Blenderなどで作ったアニメーションをインポートする という方法が挙げられるかと思う。 今回は、スクリプトでアニメーションを作…

Unity開発でコード整形ルールを設定・共有する(MonoDevelop / Xamarin Studio)

Unityでゲームを開発する際に使うエディターと言えば、 UnityにビルドインされているMonoDevelopか、Xamarin Studioが主流になる。 MonoDevelopとXamarin Studioは、コード補完機能で自動でコード(の一部)を生成するが、個人の好みやプロジェクトのコーディ…

ドット絵を3Dモデルにしてみた

Qubicle Contructorという、ドット絵の3Dモデルを作る(ボクセルアートを作る)ことに特化したソフトで、自分のドット絵を3Dモデルにしてみた。 今回、3Dモデルにするドット絵は、自分のアカウントのアイコン。 Qubicle Contructorは3Dモデルを作るだけなら、…

Unityでお手軽にTwitter・Line投稿機能をつくる

ゲームを作っていると、ソーシャルメディアと連携させたいということが結構あると思う。 ゲームの招待IDやスコアをポストしたり…といった感じで。 TwitterとLineへの投稿なら、お手軽に下記のコードでできる。 どちらも、文字のみの投稿となる。 ちなみに、F…

UnityのLayerMaskをビット演算なしで使う方法

UnityでLayerMaskを使う場合、下記のようにビット演算でLayerMaskを指定するケースがある。 ただ、自分なんかはビット演算ができないので、InspectorでLayerMaskを指定して使うをということをやります。

UnityでPrefabをInstantiateする時のGameObjectのActiveについて

UnityでUnityでPrefabをInstantiateをするときに、元となるPrefabのActiveがfalseだと、Instantiateしてシーン内に配置されたGameObjectのActiveもfalseになるようだ。— タカシカンパニーの奇妙な冒険 (@takashicompany) 2014, 6月 15 「生成時は非アクティ…

UnityのSceneをテキストエディタで開く

UnityのSceneファイルはテキストエディタで開くことができる。 実際にシーンをテキストエディタで開いてみる 上記のシーンファイルをテキストエディタで開くと、こんな感じ。 YAML形式で保存されており、人が実際に読んでシーン内の構造を見ることもできる。…

Unityの実装ノウハウがまとめられているスライド

「宴」実装時に得られたUnityプログラムノウハウ from Ryohei Tokimura Unityでゲームを作る際のノウハウがまとめられた資料。 かなり実践的な内容になっているので、一度目を通しておくと良いと思う。

foreachでGameObjectの子オブジェクトを走査する

あるGameObjectの子オブジェクトを一括で取得、走査する際に、foreachを使うと手軽にできることを知った。 foreach (Transform child in gameObject.transform)で ... めっちゃ便利やん!って思ってたら、ドキュメントに思いっきし載ってた。

UnityでInspectorで値を指定する際にRangeAttribute使う

Inspectorで値いじれると、人にUNity教えたりする時に教えやすいし、ゲームに支障をきたす範囲があるならRangeAttribute使えばいいから、Inspectorは便利や!!— ぴーちん (@p_chin) 2013, 9月 3 昔のFavツイート見てたら、UnityのInspectorの話が出てきた。…

2D上でロープの挙動を再現したUnityアセット

2D Rope SystemというUnityの2D物理エンジンでロープの挙動を再現できるアセット。 ムービーとサンプル見る限りだと、ロープを貼るだけでなく、切ったり伸ばしたりできるっぽい。 2Dのアクションゲームを作るのに便利そうだ。

久々にアイコン描いた

久々にアイコン描いた。 最近、ジョジョのアニメ見始めておもしれ〜ってなったので、承太郎をモチーフに。 Photoshopでだいたい2時間くらいかかった。 ツイッターで使おう。 アイコン新しく描いた!!!— タカシカンパニーの奇妙な冒険 (@takashicompany) 20…

Flashアニメーター向けのUnityアニメーションエディター見つけた

Flashでアニメーションを作ってた人が、Unityでアニメーションを作ろうとすると、 「Unityのタイムラインアニメーションは○○できないのか…(´・ω・`)」っていう感じで悲しい顔をされることが結構ある気がする。 SmoothMovesやSpriteStudioといったアセットや…

UnityでPrefabの中に別のPrefabを配置しても同期ができるアセット

たまたまAssetStoreを開いたら、目についたアセット。 Nested Prefab 実際に使っていないので、細かいことは分からないが、 「PrefabにネストされたPrefabの参照を保持して、更新がある場合は、ネストされたPrefabも同期される」 というものらしい。

UnityのScene内のGameObjectを共通化する際に気づいたこと

Unityでビュー作る時、似た機能のコンポーネントに対して、interfaceで共通化を図るより、継承を使った方がいいのかな。 継承だと、画面クラス => 共通化クラス => MonoBehaviour って感じでMonoBehaviourの関数とか変数使える。— Sato Takashi (@takashicom…

Unityで空のフォルダをOpen Projectする

Unityでプロジェクトを作る際は、Create New Projectを選択して、プロジェクトのフォルダとプロジェクト名を設定して…というフローが一般的(多分)。 既存の空のフォルダをUnityプロジェクトのフォルダにしたいということもあるので、今回はその方法について…

UnityのDebug.Logの内容を自作のクラスで取得する

Unityのログの内容を自作クラスで取得したい場合、Application.RegisterLogCallback関数を使用すると、ログ(UnityEngine.Debug.Log等)を自作クラスで取得することができます。 Application.LogCallBack(デリゲート)に対応した関数をApplication.RegisterLogC…

UnityのGame ViewにLogを表示するツールつくった

Unityでゲームやアプリを開発している際に、エディター上では問題なく動作しているが、 iOSやAndroid端末で実行するとエラーになったり、クラッシュしたりというケースがあるかと思います。 Xcode(iOS)やLogcat(Android)を使ってログをチェックすれば、原因…

UnityのConsoleをGame Viewに表示するAsset

Unityエディターで、デバッグする際はConsoleビューでログを確認することができるが、iOSデバイスやAndroidデバイスだとログの確認がしづらい。 端末をPCにつないで、Xcode(iOS)やLogcat(Android)を使えばログをPC上に表示することもできるが、いまいちめん…

モテないので3Dモデルで秘書を作って仕事場(Unity)に連れ込んだ

Autodeskから、無料で人型の3Dモデルを作れるAutodesk Project Pinocchioというブラウザアプリが公開されていたので使ってみた。

Unity 4.3 2D Spriteの使い方:スプライトアニメーションを作ろう

Unity4.3から2Dがサポートされたことにより、スプライトアニメーション(コマアニメーション)も追加された。 今回はスプライトアニメーションの作り方についてまとめた。 サンプルの.unitypackageはこちら。

Unity 4.3 2D Spriteの使い方:TextrueとSpriteのパラメーターについて

Texture(Sprite)とSprite(Sprite Renderer)のパラメーターについてザッとまとめた。

Unity 4.3 2D Spriteの使い方:スプライトをシーンに配置しよう

Unity4.3から公式で2Dをサポートするようになった。これで2Dのゲームが作りやすくなりそう。今回は手始めに画像をUnityにインポートしてシーンに配置することをやってみた。

Unity4.3とUnity2DとNew Unity GUIの話

第7回テックヒルズに参加してUnity4.3とUnityの2Dの話を聞いてきた。 ポイントとなるところをざっくりまとめた。 スライドはこちら。

2時間で3Dモデルを作ってUnityでアニメーションさせた

Unity x 3Dでゲームを作れるようになりたい!という願望がでてきた。今回第一歩ということで、3Dモデルを作ってUnityでアニメーションさせるということをやった。

UnityのEditorスクリプトでアプリアイコンを変更する方法

UnityのEditorスクリプトで、プロジェクト内のフォルダから取得したアプリアイコン画像を設定するコード。 プラットフォーム毎、開発版/リリース版でアプリのアイコンを切り替えたいという時に使うと良いかも。

Gooleスプレッドシートとphpを使ってAPIを作ったよ

サーバーとかDBとかできないけど、値を格納したり、APIとして取得したい!っていう願望があったので、今回、作ってみた。下記のURLにアクセスすると、体重計で測ったログをJSON形式で取得できる。 http://takashicompany.com/api/weight/

ブログ作ったよ。

UnityやC#で詰まったところや勉強したところを まとめる意味合いでブログ書き始めますー! はてなのブログサービを使うか、さくらのブログサービスを使うか、 WordPressで作るか、迷ったけど、 一番簡単そうな、はてなにした。 シンプルで良いのだけど、細か…