おもしろいもの、やくにたつもの を かきこむのだ!

Unity4.6 Unity UI (uGUI)のまとめ : Canvas

Unity 4.6のBeta版が公開され、念願の"uGUI"がお披露目となりました。
今日はCanvasについてのまとめを書きます。

Canvas

f:id:takashicompany:20140821230634p:plainf:id:takashicompany:20140821231041p:plain

  • UIを表示するコンポーネント。(NGUIでいうUIPanelに相当する)
  • Canvas毎にドローコールが増える。(ドローコールが4のCanvasが2つあると、トータルで8ドローコールになる)
  • 後述のRenderMode毎に挙動が異なる。
    f:id:takashicompany:20140821230932p:plain

RenderMode

  • Screen Space - Overlay
    • スクリーンの最も最上層に表示される。
    • Cameraがなくても表示される。
    • OnGUIと併用した場合は、OnGUIの表示が上になる。
      f:id:takashicompany:20140821231245g:plain
    • Canvasの表示が、そのまま画面に描画される

  • Screen Space - Camera
    • Inspectorで設定したカメラと連動する。
      f:id:takashicompany:20140821231446p:plain
      f:id:takashicompany:20140821231547g:plain
      f:id:takashicompany:20140821231849g:plain
    • 設定したCameraで描画されるため、Cameraに他のオブジェクトが映ると、一緒に描画される。表示順はカメラとの距離が反映される。
      f:id:takashicompany:20140821232132p:plain f:id:takashicompany:20140821232144p:plain

  • World Space
    • 単独でシーン内に配置される(シーン内のオブジェクトと同じ扱い)。
    • 「Screen Space - Camera」と同じく、シーン内のオブジェクト(ex.Cubeなど)と重なって表示される。
      f:id:takashicompany:20140821232327p:plain