おもしろいもの、やくにたつもの を かきこむのだ!

UnityのConsoleをGame Viewに表示するAsset

Unityエディターで、デバッグする際はConsoleビューでログを確認することができるが、iOSデバイスやAndroidデバイスだとログの確認がしづらい。

f:id:takashicompany:20140228014621j:plain

端末をPCにつないで、Xcode(iOS)やLogcat(Android)を使えばログをPC上に表示することもできるが、いまいちめんどくさい感じだ。

何か良い方法はないかと探したところ、AssetStoreで便利そうなスクリプトがあった。

2014/03/02 追記

今回、紹介するAssetとは別に、Console.csという、同じくGame View上にコンソールログを表示するGUIツールを作りました。

こちらに機能や使い方を載せているので、一読していただければと思います。

LogViewer

f:id:takashicompany:20140228015146p:plain

AssetStoreからダウンロードできる。

このLogView、一言で言うとOnGUIでConsoleビューを再現しているツール(スクリプト)である。

f:id:takashicompany:20140228015506p:plain

スクリプトをGameObjectにアタッチした後に、画面上でマウス / タッチで円を描くと画面いっぱいにConsoleビューを模したログが表示される。

Debug.LogやDebug.LogErrorはもちろん、例外も表示してくれる。

OnGUIを使用しているので、ドローコールが30くらい。 表示している間はかなり処理を要する。

ちなみに、iOS端末では、Unityエディタのコンソールのように「何行目でエラーが出た」という表示はされない。

端末上で、素早くバグの特定などをしたい時には便利なツールだと思うので、ログ周りで困ったときは入れてみると良いかと思います。