おもしろいもの、やくにたつもの を かきこむのだ!

Unity Japanに作ったゲーム取り上げてもらった

以前作った、SWISH!がUnity Japanに載った! japan.unity3d.com

ツイートもしてもらえた!

ここから、掲載依頼ができました。
サイトに載せる画像とかも必要なので、事前に準備しておくと吉。
ものの2日くらいで掲載されたので、早さにびっくり。

UnityのHierarchy内のTransformのパスを返す拡張関数作った

Unityでゲームを作っているときに、
「実行中にHierarchy内のTransform(GameObject)のrootからのパスを知りたい」
ということがあったので、拡張関数作った。

Unity Transform's path extension.

多分、他にも作っている人いるんじゃないかな...と思いつつも5分探して見つからなかったからつくちゃった。

26歳になりました & SUZURI APIでTシャツをプレゼントするWebサービス/API作った!

TシャツカンパニーというWebサービス/APIを作りました

Tシャツを作って、プレゼントするサービスです。

ファッションセンスがアレな人とか、着る服がない人とか、誕生日の人とかにTシャツを作ってプレゼントしてあげましょう。

使い方

サイト内のフォームから、Tシャツを作ってプレゼントすることができます。

こんな感じ↓

f:id:takashicompany:20150611222204p:plain

出来上がるとこんな感じ↓

f:id:takashicompany:20150611230033p:plain

また、Web APIを公開しているので、何かのAPIなどと組み合わせることも可能です。

SUZURI APIを使って作りました。

余談ですが、本日26歳になりました!
今年もゲームとかWebサービス作りまくりたいと思います。

UnityでSWISH!という2Dアクションスマホゲームを作りました

1週間ほど前になりますが、SWISH!というスマホ向けのゲームをリリースしました。

2Dジャンプアクション + Angry Birdsライクなカジュアルゲームです。

ダウンロード

SWISH!

SWISH!

  • Takashi Sato
  • ゲーム
  • 無料

SWISH! - Google Play の Android アプリ

開発について

細かい開発話は、要望あればやろうかと。
以下、ざっくりとしたメモ

  • 開発は2人
  • 開発期間は11ヶ月
    • 平日は仕事なので、休みの日とか会社に行く前にちょいちょい作業を進める感じ
  • Unity4.6.4p2でリリース
    • 開発中は新バージョンがリリースされる度に、アップデートしていた
    • フリー版
  • Unity 2Dを使用
  • Unity UI(uGUI)を使用
    • 途中まではNGUIを使っていたけど、思い切って乗り換えた
  • SDK
    • 動画撮影・ソーシャルシェア : Everyplay(とFacebook Unity SDK)
    • ランキング : Lobi Ranking SDK
    • 広告 : Nend Unity SDK
    • JSONパーサー : JSON.NET

グッズ

勢いでsuzuriでグッズ(Tシャツ)も作ってしまった。

まとめ

ゲーム作るの楽しいけど、なかなかハード。
でも、リリースして遊んでくれる人がいると嬉しい。

Ruby: Markdown記法からhtml書式を書き出すredcarpet gem + github.cssでWebサービスを小奇麗にした話

以前に、趣味と(主に自分だけの)実益を兼ねて、体重を記録するWebサービスRubyで制作してリリースしましたが、もうちょっとお手軽に見栄えを良くしたいな〜という思いがありました。


Ruby詳しい人に、
「なんかお手軽に、Webサービスのページを綺麗にする方法ない?」
って聞いてみたら、
「Markdownからhtml生成するgemがあるはず」
ということで調べて & 教えてもらった、
redcarpetというgemとgithub.cssを組み合わせて、Webサービスを小奇麗にした話です。

続きを読む

インスタントメッセージAPIのレスポンスを変更しました

以前に作ったブラウザのアドレスバーからタカシカンパニーのiPhoneに通知を送る機能(インスタントメッセージAPI)のレスポンスのJSONを改修しました。

成功時

{"status":"success","message":入力したメッセージ}

失敗時

{"status":"error","error_message":エラーの内容}

Unity: n秒後のRigidbodyの移動先の位置を取得するスクリプト書いた

f:id:takashicompany:20150306194457g:plain

Unityでゲームを作っていると、

  • 「このボールの落下位置を知りたい」
  • 「この矢の軌跡を計算したい」

という感じで、n秒後のRigidbodyの移動先を知りたい というケースが結構あると思う。

自分も同じケースに遭遇したので、n秒後のRigidbodyの移動先の位置を取得するスクリプトを書きました。

続きを読む